引退の岩國哲人氏   

d0009828_23114965.jpg

 政治は三流…日本が海外から言われる理由を身を持って体験した…
 また、議員は、選挙に懸命で、世界の中で日本が何をやるべきかという問題意識が不足している!と指摘。
親しみを込めてテツンドさんと呼ばせていただきますが、これまでにも大変お世話になりました。7区の選挙応援に野田市へ何度かはいっていただきました。新興住宅街の大型SCの前で、大変判りやすい演説を。外資系の国際経済人としての活動の場から郷里の皆さんに請われて、出雲市長に。
 今となっては全国でも当たり前になっている「休日窓口」や「出張サービス」など、市民の為になるさまざまな行政改革を即実行されました。国会議員になってからは、出雲市長時代が縁で連載していた「日本海新聞」のコラムの愛読者で、毎回のテーマを待ち遠しくしながら読んでいました。それは自分の選挙の際の言葉となりました・・。「行政は、最大のサービス産業である」というくだり等、折に触れて引用させていただきました。
73歳ですか、「政権交代」実現を前にしての引退となりました。
[PR]

by iso129 | 2009-07-21 23:11 | 政治あれこれ

<< 民主、政権へ高揚感 自民、超逆風下の決戦 >>