握手作戦は続く・・・鳩山演説メモ取材が貴重なネタに!   

d0009828_17425010.jpg
 この日の街頭演説会の司会進行役をつとめた、いそざき吉弘。鳩山代表のすぐ横にいましたが、事前の打ち合わせの際に先輩や同僚議員らから「代表の横に立って、目立ちすぎるなよ」とうらやましがられるやら、やっかみ半分の言葉のパンチ?を浴びていましたから・・・。本番当日はどうしたものかと思っていました。只、だまって横でしゃがんでるのも可笑しいし・・・。なにせ狭い街宣車上のスペースに、鳩山代表と、内山あきら立候補予定者とSPの警備と私の4人ですから。とっさに思いつきました。ポケットにいれてあったメモノートと鉛筆を取り出し、その場にしゃがみこんで、鳩山代表の演説を必至にメモしました。予定を上回る長時間で、足がしびれるほどでした。
 
 演説後も、街宣車の車上から会場広場をウオッチングしていました。民主党のマニュフェストを手に持って、車上から1ショットしてみました。2000部用意されたマニュフェストでしたが、希望された全員のリクエストにはお応えできませんでした。

 実は、このときの演説メモが、わたしの街頭での演説ネタになったことは、言うまでもありません・・。新松戸地区を重点に、街頭演説会に参加していただいた地域のみなさんへの御礼のあいさつと、代表の演説内容を報告する街宣活動をさっそく行いました。
    
[PR]

by iso129 | 2009-08-02 17:42 | 政治あれこれ

<< いそざき吉弘さんのくすり 遊説後の鳩山由紀夫代表は、握手... >>