朝の馬橋駅西口・駐輪場問題   

d0009828_8332630.jpg
第7区総支部の駅頭活動。この日は馬橋駅です。・・・政権交代して初の鳩山内閣の臨時国会となり、今週は衆議院予算委員会での論戦が始まっています。朝の通勤途中に、国会論戦の印象を一言、二言語って駅の改札へ急ぐ人もいて、政権交代したこれからの民主党・鳩山内閣への期待と激励がこめられています。
 内山あきらの「駅前通信第191号」と、「いそざき吉弘の市政レポート」を配りながら・・・、マイクをもつ手が冷たくなり、喋っていると口元が硬くなり回らなくなるほどに、朝の冷気が感じられる季節となりました。
 午前8時を回ると、駅ビル建設工事のクレーン車などがいっせいに始動します。
また、西口にある駐輪施設が、来年からはSCが建設されるとのことで閉鎖されてる事が決まっています。長年にわたって駅に近い駐輪施設を利用してきた市民の方からは、その後の動向についてどのようになったのか確認が望まれています。
 現地の話では、12月で即閉鎖ではなく、工事着工までの間は「1ヶ月単位」で、利用が出来るとうことでした。が、いずれにしても駅に近い駐輪施設は、早晩利用できなくなります。
 という事で、駅頭活動のあと、早速、松戸市自転車対策担当室(電話366-3166)に伺いました。
現在のところ、駅から少し離れた中根立体交差橋下に約1,000台収容の施設は確保できた。しかし、現在西口で利用されている駐輪自転車は、約2,300から2,500台はある。これに近い台数は、なんとしても確保しなければなりません。担当室では地元町会連合会とも協議しながら、一日も早く駅近くの駐輪場スペースを確保して、整備をしたいと、検討を重ねてきています。来週には、民間事業者の方と市役所が協議するまでに詰まってきた案件があり、何とかこの交渉を成功させたいとしています。今後の成り行きが、注目されるところですので、この雑記張でも逐次、市民の皆様に報告していきたいと思っています。
 
 
[PR]

by iso129 | 2009-11-05 08:33 | 議会

<< - 国会中継 >>