歩く男   

d0009828_2043565.jpg
 スイスの彫刻家アルベルト・ジャコメッティ(190~66)のブロンズ像「歩く男」
サザビ-ズのオークションで落札された芸術作品としては、史上最高という。
1億430万ドル=約94億円(手数料込み)

細くて長い手と足、ちょっと上半身を前に傾けて歩く独特な人物像・・・これを見たとき、思い出したことがある。

 戦争で世界中を震撼させたヒットラーの蛮行をいまにシッカリと残す博物館。
歩く男たちのブロンズ像は、一体が高さ50センチ前後と小さいが、4-5人がつながれて歩く男たちに、すごい迫力を感じました。
 身体は痩せ劣って弱弱しいけれど、生を訴える迫力にゾクゾクットしました。
[PR]

by iso129 | 2010-02-06 20:43 | づ・れ・づ・れ・草

<< 前田清貴第7区政策委員・新松戸... 母さんの元気が出る話 >>