熱いNews・・・   

民主、参院選控え動揺=
    小林議員「続投」に異論も
 

 北海道教職員組合(北教組)から違法な選挙資金を受け取ったとして、小林千代美民主党衆院議員の陣営幹部が起訴されたことを受け、同党内には夏の参院選を控えて動揺が広がった。議員辞職や離党を否定した小林氏の判断を疑問視する声も出ており、不満の矛先は、同氏の意向を尊重するとした執行部に向かいかねない情勢だ。
 「大変残念なこと。党としても今後の事件の推移を見守りたい」。北教組が加盟する日本教職員組合(日教組)出身の輿石東参院議員会長は22日夜、起訴に対するコメントを求められ、こう述べるにとどめた。参院選への影響についても「今回の問題を厳粛に受け止め、政策実現に全力を尽くしていくほかない」と言葉少なに語った。
 鳩山政権は、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題が直撃し、支持率下落に一向に歯止めが掛からない状況だ。しかし、民主党は、野党が求める小沢氏ら関係者の国会招致を一切拒否。弱気の対応を見せれば、参院選を指揮する小沢氏の進退問題が再浮上し、党内が大混乱する可能性があるためだ。
 小林氏が22日の記者会見で辞職も離党も考えていないと表明したのも、小沢氏への波及を恐れる執行部の意向が働いたとみられる。ある中堅議員は「1人が辞めれば(疑惑がある人が)次々と辞めなきゃいけなくなる。恐怖のドミノでみんな金縛り状態になっている」と党内の空気を説明した。
 
 しかし、小林氏の強気の姿勢に対しては「党にどれだけダメージを与えるか分かってない。自浄能力まで疑われてしまう」(副大臣の一人)などと、世論の反発を懸念する声が早くも上がっている。また、日教組は民主党を支持する連合傘下の主要団体だけに、今回の事件を機に、参院選で実動部隊となる労組組織の動きが制約を受けるなど「地方では影響が出る」(中堅)との見方もある。
 同党では、生方幸夫副幹事長が一部新聞のインタビューで小沢氏の党運営を批判したとして、解任に追い込まれる騒動も起きている。そうした中での小林氏の問題に、ある若手は「皆、黙っていられなくなって、反小沢の動きが盛り上がってくるのではないか」と指摘した。

 きょう火曜日の動きにも、注目したい。
[PR]

by iso129 | 2010-03-23 10:42 | 政治あれこれ

<< - 支持率下落報道 >>