史都・多賀城市   

「多賀城」の名前が初めて文献に現れるのは、「続日本記」の宝亀11年(780年)3月11日のことだそうで。奈良時代の前半・・・
多賀城跡(政庁跡)
  廃寺跡 壷の碑 市の古跡解説員の方が現地で説明いただきました。
d0009828_15513926.jpg

この地が、かつて東北最大のまちであり、奈良・京都の都から、はるか遠くにある
 あこがれの地、「遠(とお)の朝廷(みかど)」として、深く印象付けられていた。
   まちを歩けば・・そこかしこに・・・いにしえの・・・ささやきが・・・
d0009828_15513985.jpg

d0009828_15513918.jpg

d0009828_15513987.jpg

d0009828_15513957.jpg

d0009828_15513998.jpg


多賀城ものしり辞典


歴史と史跡の街 多賀城市をあるく
[PR]

by iso129 | 2010-05-11 15:51 | 旅先あれこれ

<< - 多賀城市議会だよりについて >>