V2達成:内山あきら:決意新たに   

d0009828_18371166.jpg


 先の選挙で民主党が惨敗した中にあって、内山あきら候補は、南関東比例区第6番目で復活当選をした。復活当選の吉報は、投開票日を終え日付変更した午前一時半過ぎのことだった。その喜びの現場に立ち在った一員として、V2 達成祝賀会に参列した。
 =乾杯の挨拶をする流山市長・いさき義治氏=

 10月22日土曜日午後5時半受付。会費3,00円。会場は、浅草ビューホテル。松戸・野田・流山の千葉県第7区選出の衆議院議員の会合が、なぜ浅草で?と思われるでしょうが、、。
 これは、8月23日開業したつくばEX効果なんです!
南流山からだと20数分で浅草。新松戸4時40分発の千代田線で北千住で乗り換えて、2駅で浅草です。浅草ビューホテルは下車して1分もかからない、受付時間に十分間に合いました。雨傘も不要の至近距離。松戸市内の地元で開催しても会場への往復時間はそれなりにかかる訳だから。
 この際“EX効果”に浸れば、「会場となるホテルは格段に素晴らしい」「人力車・浅草の雰囲気も楽しめる」「会合の後先で時間を作れば、オシャレにお出かけ気分も満喫できる」「演芸や浅草周辺観光も」など、、。(この夜、懐かしの「神谷バー」へ足を運びました、21:30オーダーストップ、残念でした。)
 
 さて先の選挙では、松戸南の生方さん、柏の松崎さんも敗戦の涙を飲みました。
 
 この日、内山代議士は、詰め掛けた多くの支持者に対して丁寧に挨拶を交わしながら、会場内を精力的に回っていました。「総理大臣を狙う男・河村たかし」代議士がお祝いに駆けつけて、「私は10年間選挙に敗れながらも、10数年間の代議士を務めている。当選するからにはバス旅行するんでも60台を目標に動員せなならん」「議員は10年も20年も永くやればいいってもんじゃない。年令に関係なく〝旬〟が過ぎた議員はもうお引取りじゃ」「私や内山さんみたいに、民間企業人として苦労したもんがやるところに、価値があるんじゃ」など、気楽に参会者らとテーブルを取り囲み、お馴染みの三河弁で周囲を賑わしていた。
 
 そんな中にも気になる話題。自民党松本かずみ議員の選挙違反逮捕者が出て取調べ中だが、連座制適用は必至の状況。再度やり直し選挙となるだけに、「来年選挙戦」へ向けて陣営を引き締める話題があちらこちらで聞かれ、緊張感をもった祝賀会雰囲気となっていた。
 
 この地域に、女性県議二人を出してはいるものの、市議となると少ない。無党派層の風頼みだけでは、戦術に勝る小泉内閣には勝てない。民主党として、もっと国民に分りやすい政治・市民に目を向けた政治を展開することが求められている。党勢拡大は、足腰をシッカリするところから始めなければならない。
 
 
[PR]

by iso129 | 2005-10-23 18:39 | 政治あれこれ

<< 朝刊読みながら・・・ 10・18=32年目 >>