07年1月26日舌足らずの施政方針   

■□■舌足らずの施政方針

まぶち すみお 衆議院議員のメールを受信しました。 

政府四演説の本会議。
安倍総理の施政方針演説は初めてである。
民主党が、「格差是正国会」をぶち上げているが、政府は「教
育再生」、「憲法改正」を争点化しようとしていることから、
総理の施政方針演説には、一度も「格差」の文字が出てこない。

成長戦略の核が「イノベーション」なのだが、ようやく「がん
や認知症」の新薬開発、特許の国際共通化などのプログラムが
5月をめどに出てくるとのことだ。
成長戦略と財政再建を組み合わせることに、苦労しているのが
行間から伝わってきそうな政策である。

行財政改革が不十分であることは、改正談合防止法がザル法で
ありいまだ官製談合が消え去らない現実を見れば明らかである。
しかし、こうした目の前で起きていることにはいっさい頬かむ
りをしていこうというのが、この施政方針に見て取れる。

「主張する外交」と呼ぶ外交方針も、イラク戦争の評価と同時
に今後の対応について語らなければならないのに、これも一切
触れずじまいである。

おまけに、腰折れになった道路特定財源の一般財源化を自画自
賛するくだりでは、与党からの拍手も出てこない有様である。
相当に苦しんで書かれた、施政方針演説であることは一目瞭然
だった。

安倍総理も演説の最初は勢いがあったが、だんだんトーンが落
ちてきてお疲れのようだ。
支持率凋落傾向の内閣に対し、代表質問でどう切り込んでいく
か!?、小沢代表と松本政調会長の出番は来週月曜日である。

楽しみにしている。
       


  金曜日・・まつこん幹事さんの本番までの準備は 想像以上  □□ 練習の後に、
比較的すているファミレスの禁煙席に書類を広げて陣取り
 バタバタ
あっという間に 日付変更線に時間が近づいていました・・・ 
[PR]

by iso129 | 2007-01-27 01:00 | 政治あれこれ

<< とても楽しい演奏会でした。・・・ Fw: 名残惜しい!? >>