東京都知事選・浅野史郎氏出馬へ   

 朝の新松戸駅頭活動がある木曜日は、4時半過ぎには起きて、新聞を取りに行く。朝一番の季節の空気を感じるのもこの瞬間だ。

 今朝の1面トップを見て「よっしゃ」と一言・・・目が覚めた。
 
 ここ数日のニュース報道で、市民派の浅野さんらしい言動が続いていたから、これは出馬ありと思っていた。今日から3月・・・弥生・スタートのニュースとして新鮮に写った。
 
 世界のビッグなニュースもなく、一面左には4月から新誌面に変わるという朝日新聞の自社の社告、そして右の題字横、文字とおり一面トップには、「たて5段抜き見出し」で、「浅野氏、都知事選出馬へ」が並ぶという、ラッキィな紙面でした。
 
 宮城知事選でもそうでした。
既存の政党に頼らず市民団体などを基盤に無党派で戦って2選した。千葉県初の女性知事・堂本誕生の「無党派革命のうず」を巻き起こした影の立役者、張本人でもある。

 民主党は独自候補を立てずに浅野支援に回るという。
 
 専門の福祉や、宮城県で実績を上げた情報公開などに期待がかかる。
 
 東京都政を死守する現職の石原軍団からは、東京出身でない人間に何ができる、と早くも牽制球が投げられている。

 が、その石原氏がして、昨今の息子の報道とか・・・年をへし衣のたてはほころびにけり・・・感が否めない。
 
 そこえ行くと、しがらみのない、潔さが浅野氏の信条だ。
市民ランナーの浅野氏は、宮城県知事時代に東京出張中の朝は、まずは皇居一周をランニングしてから一日の仕事をスタートしていた。毎年の一年の始めは、地元の元旦マラソンに参加するまさに市民派を地で行く知事さんでした。浅野さんへのインタヴュアーは、早朝の皇居マラソンコースに集合だあ・・・
 颯爽と走る浅野さん、都政を変革するにスタートについた・・・。

 今朝の新松戸駅頭では、さっそくこのトップニュースをネタにして・・・・マイクを握った。

 隣に立つ千葉県議会議員選挙に立候補を予定している、地元新松戸の社会保険労務士・45歳・
遠藤ひできを盛り上げた・・・

 そして松戸市議会は、この日から3月議会の、会派の代表質問が始まった。
まつど民主は、明日の3番手・・・予定だと、午後3時前あたり。長谷川満幹事長が、登壇する。
[PR]

by iso129 | 2007-03-01 19:41 | 政治あれこれ

<< 道端のすいせん 凛として ソプラノ独唱を楽しみました >>