3日間はアッという間・・・   

d0009828_14122272.jpg

午後2時19分発で釜石をたちます。
元気なうちに顔を見せてゆっくり話すのも親孝行だということが、痛感されました。

3年ぶりの釜石でした
釜石吟詠会20周年記念吟詠会が今年の10月25日だという。
母は週3回、秋に向けたスケジュールで稽古に励んでいる。目的を持った生き方、前向きな姿勢を見習わなくては。

 釜石に着いた月曜日、一日2回の稽古の夜の部を見学させてもらった。会場の公民館、分室の外からでも、それとわかる母の声がびんびんと伝わってきた。指導する雰囲気が判るので、お邪魔しないように・・・隣の部屋で8時過ぎまで聞いていた。
 その後、お弟子さんらと中華で腹ごしらえ。今日は息子がはるばる来たからと、カラオケ付の歓談をさせていただきました。日ごろのお付き合いの様子がわかり、一人暮らしの釜石でもみなさんと元気に暮らしている様子がうかがい知れたのが収穫でした。
 2晩とも午前様になるまで、いろんなことをはなした。86歳の年齢を感じさせない元気パワーの元を感じました。
 父、親戚のお墓参りをしたり、家の中の掃除をしたり、・・・・妻も一緒に付き合ってくれたことに感謝です。
[PR]

by iso129 | 2007-05-16 14:12 | づ・れ・づ・れ・草

<< Fw: □■まぶちすみおの「不... Fw: 釜石で受信・・・松戸シ... >>