Fw: □■まぶちすみおの「不易塾」日記□■07年8月11日第1160号□■マブチズ・ブート・キャンプ   

■□     まぶちすみおの「不易塾」日記     □■
□■2007年(平成19年)8月11日 第1160号■□
――――――――――――――――――――――――――――
□■マブチズ・ブート・キャンプ

 臨時国会が閉会し、地元に戻る。
臨時会は結局、初日の開会の本会議と天皇陛下ご臨席たまわる
開会式と4日目の閉会の本会議で終わり。

党の会議はたくさん催されたが、新たな国会論争は秋の臨時国
会となる。

新たな顔ぶれの議員紹介に始まり、歴史的な野党からの参院議
長誕生や与野党逆転の国会運営がどのようになるかなど、マス
コミ的には話題に事欠かなかったかもしれないが、儀礼上に終
わる国会でもあった。

しかし、それとは別に選挙を終えての久しぶりの仲間の顔を見
るのはいいもんだ。皆、激戦の後がうかがえる。

選挙を終えてやれやれという気分と、新たな闘志を秘めての期
待感に高揚した面持ちを見るにつけ、選挙は勝たなければなら
ないとあらためて痛感する。

わずかな会期中の間に埼玉知事選挙が告示となる。浪人中に私
淑した「恩師」でもある上田清司知事の二選目への挑戦の出陣
式に駆けつける。

仲間から「まぶちはまだ選挙が終わっていない!?」と驚かれ
るが、そうじゃないってば!と言っても聞いてもらえない。

そのうちに、「まぶちは新聞でどこで選挙やってるか調べて、
行っているらしい...」などとまことしやかに語られだした。
オイオイ、待ってくれ、違うって!と繰り返し伝えるが、永田
町はこんなヨタ話がすぐに流れる町。
閉会の本会議場で、前列の同僚から声かけられる。

「今度、マブチズ・ブート・キャンプ、参加させてください。」

そんなもん、ないってば!
              □□  □■  ■□  ■■
――――――――――――――――――――――――――――
□■編集・発行:まぶちすみお
[PR]

by iso129 | 2007-08-11 22:51 | 政治あれこれ

<< 盆の入り・遠隔地参加 Fw: 松戸市犯罪メール >>