Fw: □■まぶちすみおの「不易塾」日記□■07年9月19日第1168号□■準備の日々   

■□     まぶちすみおの「不易塾」日記     □■
□■2007年(平成19年)9月19日 第1168号■□
――――――――――――――――――――――――――――
□■準備の日々

 税金の無駄遣い一掃本部の準備会が開かれ、菅代表代行が本
部長となって調査を命じられる。
事務局長は、福山政調会長代理。松本剛明前政調会長に長妻政
調会長代理などいつもの面々も顔を連ねる。

税金の無駄遣いを徹底的に洗いなおして政官業の癒着の構図を
糾すのがこの本部の役割。
また、分厚い予算書や予算計算書との格闘が始まる。
調査や質問というのも個人技に頼るところが多いため、なかな
かチームで進めるのも難しい。
確かに職人技のようなところがあるのも事実。
一見してなんだかよくわからない無味乾燥な書類に、何か「ピー
ン!」と感じるものがあるかどうかが問われる。

いつも予算委員会が始まるときに思うのだが、通年でしっかり
こうした予算執行状況の調査をしている党内部局などがあれば
いいのだが、限られたスタッフでやりくりしているので限界が
ある。自ずと、個人技に頼るしかない。
また今年も、何が潜んでいるかわからない中、暗中模索で突き
進むことになる。いやー、しんど。

チョロ松の後任で、今度は地元担当となる第二秘書が決まる。
公設登録に上京してくるが初めて見る国会に目を白黒させてい
る。
質疑の準備にいそしむ日々であるが、総裁選真っ只中というこ
とで永田町は閑散としている。

通常の開会中の国会はこんなもんじゃないよ!、と第二秘書の
イケちゃんに伝えるが、説得力ないな、これでは。
              □□  □■  ■□  ■■
――――――――――――――――――――――――――――
□■編集・発行:まぶちすみお
[PR]

by iso129 | 2007-09-19 19:38 | 政治あれこれ

<< 地元新松戸:会談 駅頭から議会へ >>