小沢代表辞任会見:サプライズ   

 夕方になって・・・さぷらいず:サプライズ!!
小沢一郎民主党党首、代表辞任の記者会見が。

ここ、数日来の新聞報道が、どうも妙!でしたから。
ネットで新聞各紙を見たり、今日などは、帰り道に市民センターの図書館で新聞ラックを見てきたところでした。

記者会見で小沢代表が言った「中傷報道に厳重抗議する」が、非常に印象的。 
「朝日・日経以外のマスコミ報道は偏っている」と。
よほど、腹に据えかねたのでしょう。

(昔、佐藤栄作首相が記者会見で、いきり立った場面を想起しました)

===テレビカメラはどこにいるのか。新聞記者の諸君とは話さないことにしてるんだ。国民に直接話したいんだ。文字になると違うから。偏向的な新聞は大嫌いだ。佐藤栄作首相 1972年6月 退陣記者会見の冒頭発言。 大きな目をさらに、ぎょろりとむいた表情がテレビ画面にアップになりました===

 ここ数日の、政治面の記事と、そして社説で、「大連合すべし」と叫ぶ。

3日付けの読売 3面見出しには・・・

自民党  首相 政局混迷で危機感  連立打診
      「ねじれ」打開狙う  
   民主拒否「国民の理解得られぬ」
民主党  小沢氏 求心力低下も 
            強硬路線転換に不満の声

そして同日社説
 党首会談  政策実現へ 「大連立」 に踏み出せ

 ・・・・大部数をかざした巨大マスコミの驕り・・・・ 

 産経新聞は、前日の紙面で、党首会談の仕掛け人は、「なべつね」
10月中ごろから、小沢氏に打診していた様子を報道しています。
「小選挙区制」から一挙に「中選挙区制」へと、突っ走るとも言っている。
なんとも、影で仕掛けるなべつねハン!
若いころから「敏腕政治記者」でならしただけのことだ!
このような人が、厳然と政治の世界で跋扈する「今日的混迷状況」ではある。
ああ・・・
[PR]

by iso129 | 2007-11-04 23:50 | 政治あれこれ

<< いち新聞だけでは、判断誤る 秋晴れ日曜日 >>