Fw: 薬害肝炎お手盛り調査を問う   

 「命のリスト」隠蔽問題について厚労省は、患者に告知しなかった「責任は問えない」とする報告をまとめました。
*** 
お手盛りの無責任極まりない対応に怒りを禁じえません。

血液製剤フィブリノゲンでC型肝炎に感染した可能性がある患者が放置されてきたにもかかわらず、どうすればこんな結論になるのでしょうか?
***
官僚の不作為や隠蔽について、厳しく問う法律が必要です。


---
原口一博後援会
http://www.e-mnet.jp/shop.html?id=haraguchi
[PR]

by iso129 | 2007-12-01 23:33 | 政治あれこれ

<< 新松戸水琴橋路面補修 Fw: □■まぶちすみおの「不... >>