Fw: □■まぶちすみおの「不易塾」日記□■08年1月11日第1197号□■越年国会の終局   

■□     まぶちすみおの「不易塾」日記     □■
□■2008年(平成20年)1月11日 第1197号■□
――――――――――――――――――――――――――――
□■越年国会の終局

 越年国会の最後の山場となると思われた、テロ特新法も午前
中に参院で否決されて午後からの衆院本会議でアッサリ再可決。
所要時間は記名式投票ということで一時間。
討論も各党から行われたが、なんとなくもはや対決の空気はな
い。
再議決は昨年から織り込み済みということか。
与党の議員が、エレベータで僕がいるのを気づかずか、「まぁ、
普段も3分の2で採決やってるんだから、特別のことではない
わな。」と記者さんに話している。「そのうちに、再可決の連
発でも別に普通に感じるようになるよ。」と笑ってた。
やっぱり、そう思ってる人もいるんだな。

一方、僕らも頭の中は「通常国会に向けて」に切り替えていか
ねばならない。
予算委員会のメンバーの打合せも今週行われた。各委員からの
質問予定の項目を確認しながら、予算委の組み立てを岡田、前
原両理事から説明を受ける。党本部からの予算委での政策テー
マについてもある程度方向性が示されるそうだ。
いつも、個人技に頼ってる感じの予算委なのである程度方針が
示されるのはいいことだが、ちゃんと分担しなければ何にもな
らない。

一人当たり、平均で3時間半の質疑の機会があるので1回当た
り1時間強の3回分の質問をいつでもできるように準備してお
かねばならない。
来週からは、予算委の準備に没頭することになる。

昨日は、朝イチの大阪府知事選挙の出発式に行ってきた。
接戦とも伝えられるが、なんせ長丁場なので日に日に情勢が変
わっていく可能性もあり、予断を許さない。
選挙応援の仕事も入ってきそうだ。

年明けの越年国会は委員会こそなかったが、深夜に及ぶ対談や
政府案への対案となる独法改革案の作成や、大阪府知事選挙、
予算委準備とめまぐるしい一週間となった。

今週行われた地元の新年会にはほとんど出席できなかったけど、
国会が開かれているということで、お許しをいただいた。

この週末の3日間は、地元で活動できる。
しっかりがんばろう。
              □□  □■  ■□  ■■
――――――――――――――――――――――――――――
□■編集・発行:まぶちすみお
[PR]

by iso129 | 2008-01-12 00:58 | 政治あれこれ

<< Fw: 政治の原点は弛まざる対話 Fw: 庶民いじめの政権を交代... >>