ねじれ国会最大の焦点・・給油再開発・・問題決着   

d0009828_917452.jpg

給油新法成立

禍根を残す、自衛隊再派遣

参院で否決された法案を衆院に戻し、郵政解散で得られた、直近でない民意に基づいて可決した。暴挙だ。直近の民意で否決された法案は廃案とされるべきだ。=鳩山民主党幹事長=

文民統制が揺らぐ

世論を説得できたか

合意つくりをやり直せ

  インド洋へ向かう自衛隊員たちには気の毒なことになった。国民の代表である国会の意見が割れたままなのだから。(1月12日・朝日新聞社説)

●その横に並ぶ、4段抜き見だし
グッドウイル 事業停止命令

日雇い派遣大手グッドウイルが、違法派遣を繰り替えしたと厚労省が認定したもの。
違法状態で派遣された労働者は、延べ約3万1千人(実数約4500人)。
二重派遣したとして認定された3社は、事業改善命令を受け、その企業名が公表された。
「厳粛に受け止め再発防止に取り組む」というグッドウイルのコメントは、空々しい。
何ヶ月にも渡り、禁止業務への派遣やら二重派遣と知りながら、いわば会社が組織的な違法行為を繰り返していたのだから。
  長引く経済不況の中で、他者・弱いものを食い物にしている側面です。

 不況と、さまざまなシーンで広がる格差の拡大は、政治の無策。もはや、個人や一企業のちからだけではもう、どうしようも出来ません。
 いままで続いてきた長期政権の膿は、出しきらなければならない。強いもの、大会社ばかりを優遇する税制や政策が続く今の政治は、変えなければならない、という想いです。
[PR]

by iso129 | 2008-01-13 09:17 | 政治あれこれ

<< 支持率と・・・選挙当落予測と・・・ Fw: □■まぶちすみおの「不... >>