「地域から政権交代」、全党一丸の大会宣言をした第10回定期大会   

d0009828_1657165.jpg

民主党千葉県総支部連合会 第10回定期大会が、17日午後3時から千葉市・京成ホテル「ミラマーレ」で開催されました。
 来賓挨拶に立った黒河悟・連合千葉会長は、民主党が結党されて10年、この間に国の借金は300兆円に増えました。「格差の問題を問う」ということは、「これからの日本(の姿)」を問うということです。民主党政権でなければ、生活は良くならない!という強い決意を、持つこと。いまこそ、政権交代へ向けて、政権(力)への執着心を、民主党員一人ひとりが強く持たなければならない、と檄を飛ばしました。
 続けて本部来賓挨拶した、野田佳彦・党本部広報委員長も、「前回の衆議院選挙は、千葉が2勝32敗、東京が1勝24敗の惨敗だったが、次期は全員当選を勝ち取らなければなりません」と、千葉県連の躍進を熱く、力強く語りました。
[PR]

by iso129 | 2008-02-17 16:57 | 政治あれこれ

<< 次期衆議院議員予定候補者 洗剤プライス!! >>