カンガルーの森を視察   

d0009828_1534537.jpg

JRと阪急も駅からともに、徒歩5分の便利さ。
高槻市立子育て総合支援センター・カンガルーの森
子供たちの笑顔が溢れるまちづくり
親が育つ・子が育つ 子育てがあついまち
基本理念として、平成19年4月オープン
月曜から土曜日まで、午前9時から午後7時まで開館
0から3歳の乳幼児と親が中心で、
初年度19年度の延べ利用者数は、約68,300人
プレールームの平均滞在時間は、約2時間
市内全域から来館
親子講座・・・ベビーマッサージ。リトミック。運動遊びなど
子育て講座・・・絵本・食育講座など
クッキング講座・・・離乳食、幼児食、親子クッキング
子育てパパ応援講座、カンガルー広場
子育て応援ボランティア(20名登録)養成講座

会員登録制 30名から80-90名

核家族化が進む中で、子育てを応援するセンターとして、ニーズの高いセンターです。
3階建ての明るく清潔な、床暖房が快適な空間で、親子ともどもにのびのびと過ごしていました。1歳になる女児とおばあちゃんは、「ほとんど毎日来ています。近くにこんな明るいいい施設が出来て、ホンマニ喜んでいます」と、おもちゃ遊びに興じていました。
[PR]

by iso129 | 2008-04-15 15:34 | 松戸あれこれ

<< 京都の夜・大豊らーめん 端午の節句飾り >>