病院視察   

d0009828_1444322.jpg

会派・・まつど未来で、「聖隷佐倉市民病院」を訪問。

「国立病院」から、国立のはしごをはずされ、『市民病院』へと見事に変身した経緯と現状を視察してまいりした。
200床から400床の増床と、『市民』病院として地域医療への確固たる事業理念を学びました。
「国立」時代から隣接した周辺に土地が確保できたことも、大きな要因であることが、現地を視察して感じられました。
印旛沼の向こうには、北総線路沿いに新設された日本医大病院が遠望されました。

松戸市立病院は、立て替え問題が暗礁に乗り上げて久しく時間が経過するばかりです。
[PR]

by iso129 | 2008-06-02 14:44 | 政治あれこれ

<< 6月議会 帰国した翌日は、御宿合宿 >>