野田市、市長選挙と市議会補欠選挙 ”民主”惜敗   

d0009828_23152154.jpg

民主党には、結党以来「多選禁止規定」があります。
知事とか市長とかの首長は、行政の長として権力の行使が多く、権限の拡大がおのずと生まれてきます。このことによって、行政の腐敗が進行することになります。首長については、4選以上の多選に対しては、公認を含めて慎重に対応する、としています。
 結果として、野田市長は、5選を果たしました。
わが、松戸の川井市長は、現在4期目。近隣市長にも、次回は5期目となるところがあります。 今回の根本市長5選は、多選首長を勇気付ける結果となったと思います。自分たちが選んだ首長に対して、きちんとした監視体制を整えることも必要と考えます。
[PR]

by iso129 | 2008-06-22 23:15 | 政治あれこれ

<< 東パークハウス陽だまりの会 不況の長いトンネルは、政治の責... >>