松戸市議会全員協議会   

都市計画道路3・3・7号横須賀紙敷線(幸谷・二ツ木間)の現状について
25日月曜日午後2時から開催された。資料が配られ質疑応答。
 
 1992年に県の事業認可を得て、二ツ木地区の155メートルは94年に用地買収が完了し道路の舗装整備も進んでいる。市内全体では約7割の整備が終えている。幸谷地区の約193メートル(約3000平方メートル)の用地買収をめぐり、市は地権者と長年にわたり協議を進めてきた。解決に至らず、土地収用法に基づく手続きはいり、今月7日の立ち入り調査となった。12月には県収用委員会に裁決申請をしたいとしている。
 今度の31日の日曜日には、地権者側は昨年秋に出した案とは別の、提案道路案を記者発表する予定がある。自然との共生が図れる道路が通るように、前向きの話し合いが復活するかどうか、注目されます。
 
[PR]

by iso129 | 2008-08-25 23:53 | 政治あれこれ

<< 戸定邸 まつりの太鼓 >>