9月定例会   

本日は、召集告示日。一般質問通告が開始され、あさって29日金曜日正午が通告期限。いつも質問初日トップを狙う同輩が、今回はくじ不運でトップならず。私は、通告15番。質問3日目の8日、月曜日の午前あたりとなりそうです。退庁時に伺ったら本日の通告者は19人とのことでした。来週9月3日から26日まで、24日間の9月議会です。
質問の1は、残したい自然、千葉大園芸学部移転反対について。新住民には分からない歴史的な経緯や松戸とかかわりの深い大切な財産としての意味合いなど、・・初日から担当課とのレクチャで、今まで知らないでいたことがずいぶんあることが伺い知れました。何か事が起こると、当該地域とそうでないところで、問題意識の”温度差”が発生する。=昨年来の、新松戸4丁目葬儀場建設問題がそう。近くでは、新松戸北小・中学校の学校跡地問題など=そしてそこには、厳しい財政の中から膨大な金額の市民の負担が生じる。いっそのこと、どれだけ市民にとって大事なことで、市民が一応に負担しなければならないことなのか、できるだけ多くの市民にわかってもらえるようにする、情報の公開・共有・そして共感。議員の仕事が、そこにあると思う。これは、議会で質問をしなければ、なにもわからない、見えてきません。市民に見える議員活動を心がけめざしています。
[PR]

by iso129 | 2008-08-28 00:13 | 政治あれこれ

<< 一球入魂 3・3・7号全員協議会、後日談 >>