墓参り②   

d0009828_1651274.jpg
磯崎家の墓・・・父は、生前からこの三陸の海を一望できる山の中腹にある釜石・大平墓地に墓を建てた。鉄の博物館のすぐ脇にあり、リアス式の三陸の海と山が眼前に広がる眺望抜群なところ、つり大好き人間としては、格好の場所。戒名も「静竿院・・・・・・」。ここへ参るのは、歩行が不自由な母のせいもあるが、墓参はいつも馴染みの釜石タクシーです。
深い緑に所々赤や黄色に色づいたの紅葉の山並み、眼下には静かに凪いだ青い鏡のような釜石湾、釜石大観音の白い塔が。母の手を引くちひろ、せっせと墓掃除に精を出すちえこさんと一緒に、母も嬉しそうに喜んでくれた様子。「おとうさん、これから吉弘君らと、久しぶりにホテルでのんびりしてきますからね・・・今夜は實さんも一緒に宴会にいらっしゃい」と語りかける咲子さんでした。
[PR]

by iso129 | 2008-11-30 16:05 | づ・れ・づ・れ・草

<< 陸中海岸グランドホテルから① 墓参り① >>