より便利・快適になった夜行バス   

釜石までは、これまで気仙ライナー号という三陸のリアス式海岸線を通るルートだったが、遠野から釜石への難所・仙人峠と言うところにトンネルが貫通したおかげで、遠野・釜石・大槌号のルートが便利になった。これだと、池袋発22時25分で釜石中央着が翌朝の7時半。帰路は、21時34分初で、池袋着が7時。上野と秋葉原も停車する。往復で、16,150円。今回はローソン・コンビニの端末から予約し、購入した。より便利で、バスのシートが、以前よりも快適に改良されていたように感じられた。
 ちえこ&ちひろは、往復新幹線で先行、先着し、わたしが、30日、森のホール・西本智美&東京交響楽団のベートーヴェン第九演奏会の本番出演を終えて。充足のフロイデをもって、池袋乗車で釜石入りしたスケジュールでした。夜行バスだと、日中の用事を済ませて、一杯飲んで乗車できるのがいい。起きたらそこはもう岩手県だから。少々の疲れは帳消し、致し方ない。
 さて、明日からの12月議会に向けて・・・スイッチON。
[PR]

by iso129 | 2008-12-02 11:13 | づ・れ・づ・れ・草

<< 釜石の地元郷土紙 >>