悪化に歯止めかからず   

d0009828_2336729.jpg
景気ウオッチャー調査・・3ヶ月連続の過去最低記録を更新中。この実感を一番知ってほしい人が、KY麻生丸だ!なのに・・・。この日の社説・・定額給付金 民意が首相に届かない・・いくつもの報道機関が行った世論調査の結果は衝撃です。
麻生内閣の支持率は、朝日、産経、共同通信だ、軒並み2割を割った。逆に、不支持率は読売、NHK,産経、共同の調査で、そろって7割を越えた。67%の朝日を含め、国民の3分の2を上回る人が首相にNOを突きつけた。”経済の麻生”と自ら評し、100年に一度の世界的経済不況から、一番に脱してみせると、”大見得を切った”経済政策に対して、各社ともに厳しい見方をとったことは、大変に深刻な事態です。
「景気対策に期待しない」という70%の朝日。「政府の政策を評価しない」という64%の読売の調査がでた。
本国会でも焦点となった(定額給付金)では、「景気対策として有効ではない」=71%・朝日。「支給はやめたほうが良い」=63%・朝日。
「支給はやめて雇用や社会保障などに使うべきだ」=78%・読売という意見が、賛成に達している。重ねて指摘、民意は首相に届いていない。いまからでも、遅くない。給付金は止めた方が良い。麻生さんは、辞めた方が良い。
麻生さんは、しきりに総選挙を行って政治の空白をつくってはいけない、というけれど、いまの麻生首相でいる自民党政府そのものが、政治の空白期間だ。日本の未来にとって、大変な無駄な虚しい空白期間である。一刻も早い衆議院解散総選挙で民意を問うべきと考えます。
[PR]

by iso129 | 2009-01-14 23:36 | 政治あれこれ

<< 議会広報委員会 さもしい・強行採決 >>