企業城下町と生活保護申請   

d0009828_10391817.jpg
 「派遣切り」で企業を大量解雇された都市で生活保護を申請する人が急増している。前年から倍増した浜松市はスズキ、ヤマハの関連工場が多い。トヨタショックの名古屋市は12月分は647件で前年比44%増。企業城下町は、厳しい冬の嵐・真っ只中に見舞われている。地元の商店街など、消費が冷え込んで一気にシャッター街が蔓延することは、想像に難くない。
 一面のもうひとつ 『上場企業数が30年ぶり減  昨年 倒産・新規見送り相次ぐ』・・・こちらの記事は大変気がかりだ。ひとが生まれ、企業社会が活性化して20年30年先の国力の盛衰がかかっているからだ。上場する新規が見送られ、上場廃止は急増している。これに、昨今の日本の少子化現象、人口減少が加わり、急速に進む高齢社会の出現に、従来の枠組みは破壊され、日本の将来は、お先真っ暗だ。 
一時代を支配してきたものの見方・パラダイムは、大胆に変革しなければならない。まさに09年はChange・改革が迫られる時代です。
[PR]

by iso129 | 2009-01-25 10:39 | 政治あれこれ

<< 十勝川温泉にいる友人から早朝電... 金曜日から・・長い一日 >>