旧知再会   

d0009828_19102142.jpg
加茂市から上京した友を新松戸に迎えたとの突然の知らせに、取るものもとりあえず駆けつける。新松戸地区のあるボランティア活動で知り合って、あれから一昔以上の月日が流れた。いまはみな年金支給者。それぞれに”現役世代”。
遠来の友と再会した際に、思わず、自然に合掌のポーズで挨拶していた。
苦節の齢を経て、大谷派僧侶になったことを、今年の年賀状で知らせていた。
ふっくらとした温和な笑顔をみて、袈裟懸け姿の”本番スタイル”を想像してみた。
彼をいろんな風に言う人間は居るが、俺にとっては妙に人をひきつける何か”魔力”を感じさせる男だった。
法名 正悠(しょうゆう)
話が弾んだ。ボトル一本、空にした。
[PR]

by iso129 | 2009-02-16 19:10 | づ・れ・づ・れ・草

<< 聴く力 不況スピード加速・底知れぬ沼 >>