情けない二転三転   

d0009828_8595228.jpg
 中川昭一財務・金融大臣  昨日の朝は「与えられた仕事を一生懸命やる」と言っていたが・・・、午後には「09年度当初予算案と関連法案が衆議院を通過したら辞意を表明したい」・・・民主党など野党が参院に問責決議案を出すという動きに、結局は「やめたほうが国家のため」と、麻生首相に辞表を出した。
ヘベレケ記者会見を全世界に晒した直後、ひとり麻生さんだけは、〝盟友”をかばった。
一時は続投を支持しながら、最終的には辞表を受け取らざるを得なかった。どちらも、KY。緊張感、危機感がまったく無い。
何とも情けない二転三転だ。
そもそも麻生総理も、自民党の政権たらい回しで座った首相の椅子。
解散総選挙による民意を反映した政党を中心にした体制で、一日も早い日本の回復をしなければなりません。
 
[PR]

by iso129 | 2009-02-18 08:59 | 政治あれこれ

<< 政権崩壊の渦中(ずちゅう?だって) 聴く力 >>