川井市長から馬渕保氏へ感謝状   

d0009828_11382343.jpg
 「夢に力を」
松戸少年少女発明クラブが、「新松戸未来館」2階に。
 松戸市がマンション建設会社から、寄贈を受けていた新松戸3丁目の500平方メートルの土地に開所した。

 松戸少年少女発明クラブがスタートしたのは、新松戸の地、青少年会館だった。が、その後市内中学校の教室を借りるなど活動の拠点となる場所がなかった。
 
 同クラブの名誉会長である馬淵さんが、子どもたちの「夢に力を」具現する形で活動の拠点となる「新松戸未来館」を建設して市に寄贈した。
 小型モーターの世界トップシェアを誇るマブチモーター創業者の次男・保氏は、・・・子どもたちの未来を考え伸ばすのは大人の責任、といつも父は言っていた。発明好きの父が思い描いた夢、科学するこころを大切に持ち続けて欲しい。今日の開所を父も喜んでいるとおもいます・・・。
[PR]

by iso129 | 2009-04-10 11:38 | 松戸あれこれ

<< 風力・太陽光発電システム 馬渕保氏から渡辺仁新松戸連合町... >>