あふれる観光客・・   

d0009828_1038139.jpg

人口84,000人の長浜市に訪れる観光客は、年間230万人超。
眠っていた歴史を市民町方の力で今に興した。
 長浜八幡宮の境内に、長浜駅に、米原からの電車に、街のあちらこちらに人があふれ・・・、その経済効果はすごいものがある。
※今回の会派視察は、一年前から企画していた。まつりの期間中は、まちなかの宿舎が取れないことを見越して。視察に行って、泊まりは他市でというわけにはゆきませんから。”まちなか”をしっかりと体験する為には、24時間いる事が大事。

長浜市 
まちづくり役場
●日本全国に情報発信
 長浜は今、まちづくりの先進地として注目を集め、視察は1年間で400件あまりにのぼります。
全国のほとんどの中心市街地が、郊外の大型店におされて衰退しているのに、長浜は黒壁を起爆剤に多くの人が訪れるとても元気なマチです。長浜のことが知りたい人たちにとって、まちづくり役場は情報発信の拠点となっています。
 まちづくり役場にいるだけで全国のまちの情報が入手できます。お互いのまちのことを語り合い、勉強します。
 まちをもっとよくしたい!そんな心意気の人たちが集い、その輪は広がっています。

●黒壁と商店街とまちづくり役場
 この15年余りで長浜の中心市街地はかなり活性化しました。しかし、地元の消費者は以前のように商店街を利用していません。
 平成11年5月にオープンした感響フリーマーケットガーデンは、「環境」を切り口に心に感じて響くものを提案しようと、黒壁がプロデュースし、まちづくり役場が運営しています。

 このような取り組みを通して、まちづくり役場は、長浜がさらに魅力あるマチになるように活動しています。
[PR]

by iso129 | 2009-04-15 10:38 | 政治あれこれ

<< JR長浜駅まえに・・ 長浜子ども歌舞伎 >>