小金中野球部県大会へ駒・・・   

d0009828_14131879.jpg

玄関に入ると、誇らしげに立つ優勝旗が目に付きました。伺えば、野球部が春の大会で優勝し、来月開かれる県大会の市原臨海球場へ駒を進めた、という。優勝フラッグには、墨の色も鮮やかに「優勝 小金中学校」の文字。
 思わず、室蘭鶴が崎中学校時代の野球部活動が、走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。
「一番セカンド磯崎君」・・・試合開始のサイレンと同時にアナウンスされて打席に立つ「トップバッター冥利」がありました。
 ”練習のときは自分が一番下手クソだと思って励み、努力しろ。 そして、一旦 試合となったら自分が名プレーヤーだと自信を持って堂々とプレーしろ”と、そんな意味の指導者のことばが思い出されました。
 近くに監督の先生がいらしたので、励ましの言葉を送りました。
小金中野球部の健闘・必勝を祈ります。
[PR]

by iso129 | 2009-05-29 14:13 | 松戸あれこれ

<< 自転車と、歩行者と、 小金中学校給食試食会 >>