千葉市長選挙・・民間出身が市役所を大掃除!   

d0009828_16135135.jpg

 プロフィールを見たら・・・
2001年 早稲田大学政治経済学部卒業 (ちひろの一年後輩)
       NTTコミュニケーションズ㈱入社
 2006年 民主党の市議会議員候補公募に応募、合格
       NPO政策塾「一新塾」第18期生とある  (小生は第17期生)
2007年 千葉市議選挙 8,570票で当選 (確か、トップ当選)

 
 助役・副市長から市長へ”昇格”する長年の千葉市政の構図がある・・・
「身内に甘い体質を今度こそ変えなければ!民間出身の人間が変えなければ!」と訴える。

 民主党は、鳩山新代表はじめ、岡田幹事長も千葉市にはいり街宣・自転車遊説で支持を訴えています。

 日曜日の午後、稲毛海岸駅で3分間スピーチ
「いまこそ!みんなの力で 新しい千葉市を」と熱心に語り、駅周辺を練り歩き道行く人と握手、握手。

 31歳、若さへの批判があるのなら、ぜひこのマニュフェストを見ていただきたい。「未来へのパスポート」と名づけた赤いマニュフェストを、高校生など若い人にも積極的に手渡す。
 「市債残高1兆円を超える現状について、千葉市の将来に一番関心を持ってもらいたいのは、これからを生きる若者たちです」
 「千葉市の将来のために、いま、変えるか、変えないかの選挙です」と、訴えは明快だ。

 
[PR]

by iso129 | 2009-06-07 16:13 | 政治あれこれ

<< 大型の地方選挙で民主党に強い風 千葉市長選挙 >>