妻からの誘い   

d0009828_20182497.jpg
 夕方勤め帰りの渋谷から、電話。「今日はお寿司が食べたいの」の誘いに、「よっしゃ、ご馳走しましょう」と即返事。
 この日は一日中雨模様とあって、家内作業。6月議会・市政レポートNo.10の原稿執筆にかかりつけでした。その合間に、9月演奏会の団伊久磨・筑後川の稽古をしたり、12月演奏会市民コンサートのスタバート・マーテルを声出ししたり、
 パソコン作業の合間のインタバルには、合唱の練習は、気分転換にもってこい、だ。が、ついつい筑後川の音程や歌詞が覚束ないと、何度も何度も繰り返し練習してしまう。
 原稿を書くときは、よく知っている曲か、反対にまったく知らない曲が、いい。なまじ、まだまだ練習曲だと気が散っていけません。
 というわけで、夕方の電話に二つ返事で外出した。駅前の金太楼で、私は日本酒とばくだん。まず、吉乃川(新潟・長岡市)で。次にばくれん(山形・鶴岡市)=日本酒度+2.0超辛口吟醸で、スッキリ さわやか。

くどき上手・ばくれんのラベルは、数ある一升ビンのなかで目を引いた。ビードロを吹く浮世絵美人のラベルに魅かれて一献してみました・・・。
[PR]

by iso129 | 2009-07-02 20:18 | づ・れ・づ・れ・草

<< 首都圏決戦 山下清壁画 >>