カテゴリ:議会( 82 )   

仙台市役所1F市民サロン   

d0009828_11181476.jpg
 ゆったりスペースに市民への情報もたくさん。
正面にある大型TVを通して、議会生中継がされる場所の一つでもある。このほか市内5地区や、庁内各局長室のモニター放映も。
CATV回線等使用した議会生中継は、市内2社あるケーブルテレビ会社のJV事業で、中継されます。
[PR]

by iso129 | 2010-05-12 11:18 | 議会

仙台市議会TV中継舞台裏   

議会事務局から説明を受け、質疑応答の後に実際に仙台市議会の議場とTV中継の舞台裏を見て回りました。3台のモニターTVや音声ミキサー装置、テレ放送機材はじめ、各議員・各理事者らの氏名と顔写真、音声原稿の資料などが、所狭しと置かれています。
d0009828_11115841.jpg

中継するからには議場の近くに機材置き場や中継ミキサー室などのスペースが必要になります。ご当地では、約8畳間のスペースがすぐ近くに空き常態となっていた。そこを、ミキサー室として活用することになった、とのこと。
d0009828_1111586.jpg

議場には、上段の一番後ろが100席の傍聴席。記者席の左右にそれぞれに一台づつのカメラ、そして、議場の前方に一台のあわせて3台のカメラを設置。前方のカメラは有人で、議員席を正面から撮るときは、操作中のカメラに撮影中を記す赤いランプが点灯するのだという。議場を全体を、前から後ろから、ズームイン、フェードアウトする画面操作が可能となっているようです。また、議会休憩中の時間も、停止の画面だけではなく、時に触れた市政の情報も流されるといいます。
d0009828_11115839.jpg

議場の正面を照らすライトは一台。登壇している方へのスポットライトは、ときに汗をかくほどの明るさ、強さ?を感じることになるようです。
d0009828_1111588.jpg

[PR]

by iso129 | 2010-05-12 11:11 | 議会

仙台市議会行政視察 &   

行政視察二日目は、9時過ぎにはホテルを出て、雨のなか仙台市役所を訪れ、
  さっそく
仙台市議会 事務局へ伺いました。

平成22年度の議会広報の概要ですが、

1 市議会だよりについて
 ・年4回・定例会ごとに5月、8月、12月、2月の各1日に。
 ・A3版 全頁カラー
 ・ページ数 第1~3回定例会号:8頁。第4回定例会号:4頁。
 ・発行部数 1号あたり約47万部
 ・配布先 市内各世帯、市施設等
 ・配布方法 原則町内会経由。それ以外の団体=主に町内会未組織の集合住宅=で10部以上は業者によるポスティング形式。
       
2 議会広報ポスターについて
 ・年4回
 ・B3版、4色刷り、各回ごとに1種類のポスターを制作
 ・掲出場所と掲出期間 
  市営地下鉄内:年間6期(1期は3日間又は4日間)
  市営バス内:年間4期(10日間)
  市民センタ等市施設、各町内会:定例会の開会日 約5日前から最終日
 ・作成方法 企画コンペによる
  市制施行120周年・政令指定都市移行20周年に因んで、ポスターの写真は「仙台市の歩み」とした。
  ①1998年頃の仙台市天文台と、現在の天文台=2月議会 
  ②1974年頃の市電・路面電車と現在の地下鉄=6月議会 
  ③1960年頃の仙台市役所庁舎と、現在=9月議会 
  ④1954年頃の仙台駅と現在の仙台駅=12月議会

3 議会テレビ中継について
 ・中継対象  各定例会の本会議、臨時会、予算・決算等審査特別委員会(監査委員を除く全議員で構成)
 ・中継場所  本会議場、特別委員会室
 ・中継方法  生中継・CATV回線等使用 但し、CATV一般加入世帯には放送していない
 ・撮影方法  3台のテレビカメラで撮影 2社のJVで躍動感ある撮影をめざす
 ・放映先   市役所本庁舎・市民サロン、5区役所、2総合支所の各ロビーでモニター放映

4 議会ホームページ・インターネット中継について
 議会の概要や活動等を広く知らせるために、平成12年度より議会ホームページを開設している。
 ホームページでは、議会生中継(平成19年度より本格実施)と、議会中継記録を編集した録画中継を行っており、継続して実施する。なお、録画中継映像は、開催日の3日後に配信しており、各2年分について視聴できる。

5 子ども議会について
 小中学生に市議会を身近に感じてもらうと共に、市議会に対する理解をより深めてもらうために、本会議・委員会等における議案審議について、議員や市当局の役割を演じる”シナリオ方式で模擬体験”が出来るようにする子ども議会を開催している。
 シナリオは事務局でつくる  テーマは、「学校(建替え)建設」「敬老パス」  6校・計24人の中学生 
 年間2-3校参加  2校3回実施  
 約1時間の体験プログラムが終わった後に議員と質疑応答。子どもから見た素直な質問がある。
[PR]

by iso129 | 2010-05-12 09:31 | 議会

多賀城市議会だよりについて   

 議員だよりから議会だより 情報公開を実践している

多賀城市議会広報誌について

1 公募写真掲載に至った経緯と現状はについて
平成19年から、市民と議会の距離をちじめようと始めた。「応募が少ない」のは、写真内容が本市に限るとしたことや、関心の低いこと、作者の名前が掲載されるなども一因か。めげずに継続する。
 市民からの掲載方法は、季節感のある多賀城市がテーマだが、市外からの応募も可。撮影者の氏名は、本人が了解の場合のみ掲載。委員が撮影した場合は、事務局員同様に氏名の掲載はしない。
d0009828_14484913.jpg


2 議会だより編集委員の活動状況(取材・原稿制作等)について
従来の議会だより制作は、約8割がたは議会事務局の仕事負担だったが、平成19年から、少しでも議員の力で進行しようと、NO.71=平成22年5月1日発行=から、初めてのカラー化を試みた。
写真は見ずらいが、題字は、「たがじょう 市議会だより NO.71」 写真は、校長先生とともに笑顔で卒業(山王小学校)子どもたちはカラフルな和服・羽織はかま姿です。
・カラー化の効果は、市民にもあると感じている。 
・「追跡レポート・あの質問はどうなった?」は、実際にレポーターとなった議員が何度も現場に足を運んで、実体験し、”百聞は一見にしかず”を紙面に展開した。
・こうした市内へ出かけて市民と直接話し合うことを、「議運」にことごとく反対された。広報誌の取材へ伺ったのに、他議員(新人以外の・・・編集委員は6名)からは、市民への売名行為だと、批判もあった。
・紙面はA4の16ページ。
・編集会議は、約3時間を10回はするという。半分の3名の議員が一年毎に交代。一年生議員は、意気がよい。
・発行部数は、25,300部。(ほぼ世帯数)。配布は、地区長から班長へ手渡し方式。

3 「私もひとことコーナー」について
平成19年から本格的に始めた。傍聴席や庁内にアンケート用紙を置くが、応募少ない。紙面スペースは限られているので、採用の選択に苦労が多い。

みんなのしぎかい 多賀城市議会
[PR]

by iso129 | 2010-05-11 14:48 | 議会

福岡県古賀市   

視聴者に太陽光発電システムを導入し、その現在高を示す表示板が、「正面玄関入り口にありました。庁舎で使用する電力の約2%を、公用車駐車場の屋根にとりつけた太陽光発電でまかなっているという。 
d0009828_15243511.jpg

新婚さんいらっしゃい!と誘い水を呼びかける。
結婚して古賀市民となったカップルにプレゼントされる米俵が、玄関先に展示されていた。
d0009828_15243576.jpg

古賀市視察のメインは、「小1プロブレム対策 学級補助員の配置について」
古賀市は人口57,000人。福岡のベッドタウンとして急速に人口が増加した。山、川、海の自然に恵まれ、近郊でも類まれな「断水のない町」とのこと。市制施行10数年を経た。
d0009828_1524353.jpg

日本一通いたい、通わせたい学校をめざして
   確かな学力と豊かな人間性を育む学校教育の充実
 [古賀プラン2010] 教育立志古賀を掲げる

信頼される学校づくりのなかにある、
学校グランドデザイン発表会・報告会の充実によると、
  学校長が自らの教育マニフェストについて、10分間発表する、これが5-6月に。これを2月にそれを検証し、来年のビジョン作りに取り組むというものだ。この一連の過程は、学校関係者はもとより、地域の関係者、議員など第3者をも対称とした発表・検証というものだ。どんなに厳しいものかは想像に難くない。
[PR]

by iso129 | 2010-04-26 15:24 | 議会

鉄製のたぬき   

d0009828_1311286.jpg
朝九時過ぎに羽田空港を発って福岡空港へ。電車で目的の古賀市へついて、お勧めの地元の居酒屋さんでランチ。タイヤひらめ、たこ、縁側などの刺し身が、たまらなく美味い。
満足して店を出たら玄関先に「たぬき」、それも、鉄製でした。この下駄がまた重い。
[PR]

by iso129 | 2010-04-26 13:01 | 議会

ピカソ美術展   

d0009828_9504521.jpg
[PR]

by iso129 | 2010-04-21 09:50 | 議会

明石市行政視察   

d0009828_13573733.jpg
[PR]

by iso129 | 2010-04-20 13:57 | 議会

明石市役所南側から   

「海峡の町」明石市
  明石大橋と近くに淡路島をみる。フェリーで20分ほど。
d0009828_13564069.jpg

d0009828_13564046.jpg

d0009828_13564018.jpg

[PR]

by iso129 | 2010-04-20 13:56 | 議会

住民投票条例案を否決・市議会   

新病院整備基本計画の賛否を問う
    住民投票条例の制定について

 
 議員過半数の同意があれば、本市初めての住民投票実現となると注目された臨時議会は、4月8,9,12日の3日日間開催されました。
 9日は午後2時から、本会議場で参考人3名の意見陳述があり、引き続いて審査の付託を受けた総務財務常任委員会が開かれました。
 審議の過程で、「新しい病院計画の賛否だから、住民の声を聞くべきだし市民理解を深めるいい機会」「せっかくの提案だが、移転先や将来不安となる財政問題など、具体案を示すべきだった」とする一方で、
「こうした住民運動が起こったことを、行政には強く猛省を促したい」
「市民の運動に敬意を表す。住民投票を否定するものではないが、論点が絞りにくい」
「受任者にはもう少し幅広く声を掛けて欲しかった」
「赤字病院はいらないとする運動自体に、疑問を感じた」
「条例制定の目的・趣旨が不明確」などの反対意見が多くあり、
条例案は賛成2、反対8の大差で否決されました。
  
 川井市長は「市民の関心の高さ、住民運動の盛り上がりを認識し大変重く受け止めている」「これまで通り議会との間で十分な協議を重ね移転建替えを進めてゆく」として住民投票条例の制定については「賛意を表し得ない」と意義を否定した。

 私は署名活動を通して、Yes or Noと、多くの市民の方々の意見を伺いました。臨時議会の審議過程を傍聴して、市民の声を行政に届けること、運動する市民組織のこと、6月には市長選挙があること等など、それぞれに複雑さ・困難さに直面し、たいへん重く受け止める結果となりました。
すっかり体調を崩してしまいました。

 いずれにしても、4年に一度のことし6月13日執行の市長選挙で、市民は誰を次世代のリーダーとして選択するのか、そしてまた、病院の建設計画は、いまの節役時代に合わせて「松戸市の“もったいない”精神」を発揮し、慎重に進めなければならないと思います。

◎昨年六月、松戸市議会は「付帯決議」を可決しています。
市民の期待、要望に応えることが出来る病院として、財政面からも施設面からも将来に禍根を残さず、また、市民に将来過度の負担を強いることにない経営を目指した新病院の早期建設を願い、ここに決議する。
[PR]

by iso129 | 2010-04-13 16:11 | 議会