カテゴリ:松戸あれこれ( 495 )   

馬橋駅西口朝の活動   

久しぶりの馬橋駅。23日投開票野田市議選の為の空白でしたが、あれ?駅周辺がずいぶんすっきりとしたなあ、という印象です。それにしても今朝は寒かったですね。
早朝、自由通路の上からパチリ。
d0009828_6533194.jpg
・西口の新坂川の護岸工事、整備工事が進展して、手前の道路は車が走行できるようになりました。

・川の岸辺は、親水の階段が設けられたので、昨年は「延期」となった「坂川清流灯篭まつり」の復活したら灯篭流しの夜景が待たれるようで・・。

・写真上部の整備された細長い土地(=羊羹みたいな土地、と誰かが表現してました)に駅ビルが来年1月竣工・開業する予定です。

・自由通路下にあった「駅ビルのカラー版イラスト完成予想図」は、「予定変更の文字盤」に変わっていました。これは、ビジネスホテルが進出を断念したためですが公共施設、医療・商業施設などがはいる6階建ての駅ビルとなります。

・自転車駐輪施設は、10数年続いた”駅近”から、少し距離が遠くの中根立体高架下などに移転となりましたが、どうにかスムーズにいっているようです。

・こうして周辺の工事が進展してくると、駅前広場にある噴水施設の今後が注目されます。(現在は、施設メンテナンスを兼ねて?一日2回ほど噴水しているとの事です)

・われわれが立っている自由通路はきれいに塗装され屋根付きが出現するので、雨や風から歩行者を守ってくれることになるでしょう。

  こちらと反対側東口では、市長選へ向けた2つの活動が、”同時進行”する光景が。
6月6日告示・13日投開票の松戸市長選挙。
これを、知っている人が少ない、松戸市で長年続いてきた低投票率が、何とも悩ましい。
自分たちのリーダーをしっかり決めよう。審判するのは市民一人、一人。
投票棄権は、危険です。これまでと何も変わりませんから。
 貴重な一票 投票に行こう勢!
東口階段下で、大きな立て看板が目を引いたけれど、西口では、気が付きませんでしたア。
[PR]

by iso129 | 2010-05-27 06:53 | 松戸あれこれ

後援会だより:メール登録会員へ緊急報告   

拝啓 ここ数日間に、大事な事柄が、以下のように活字にできるようになりました。
そこで私の後援会「いそざき吉弘を応援する会」だよりとして、活字にし、メール送信をし、プリントをして、お世話になった方々へお伺いさせていただいています。直接参上させていただかなければならないところですが、また、ご連絡があと先になることはお許しいただいて、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。敬具


松戸市長選挙へむけて

いそざき吉弘を応援する会だより (事務連絡)

民主党千葉県第7区総支部は、千葉西総合病院前院長・前田清貴氏を推薦する活動をしてきましたが、党独自の世論調査(5月8・9日実施)により、同第6区の本郷谷健次氏が民主党の推薦候補になりました。

本郷谷健次氏(61)
17日に記者会見
無所属で立候補することを正式に表明

今日の朝日新聞朝刊報道によると・・・
・現職が当選すれば5期20年の長期政権になり弊害が大きい。
・市立病院の移転計画は250億円の費用のほとんどが借金で反対。現在ある上本郷での立て替えを主張。
・市議会議員の定数削減 などを主張とありますが、詳細は公式HPで。


松戸市長選挙はこれまでに、現職・川井敏久氏(67)はじめ、杉浦誠一氏(60)、末松裕人氏(45)、伊藤余一郎氏(68)が立候補を表明していました。

多選批判があるなか5選をめざす現職市長に対し、保守系2、民主1、共産1と、いずれも現在市議会議員を務める4人が挑戦する、構図となりました。

サア、あなたなら松戸市をどうする?あなたの1票は、大事です。

棄権しないで投票へ行こう!
=毎回、自分たちが住む市長を選ぶ投票率は驚くほど低く、4年後の今回も、いつ市長選が行われるのかを知っている人が、少ないのが大変憂慮・気になります。

参考まで、
平成18年6月18日の市長選は、4人が立候補。
有権者数376,309人のうち、投票者数は、129,594人。
投票率は、34.4%、でした。

松戸市長選挙は、
6月6日告示・13日投開票日

有権者の審判で、いまこそ日本を大掃除するとき!

7月は、参議院選挙
=民主党公認候補は、道あゆみ氏(41)と、小西ひろゆき氏(38)。

11月は、決戦のとき
=わが、いそざき吉弘が2期目をめざす松戸市議会議員選挙は、11月14日告示・21日が投開票日です。

平成18年11月19日の市議会選挙の投票率は、37.84%



(追記:19日朝、投票部分の数字訂正と一部を追加しました)
[PR]

by iso129 | 2010-05-19 00:47 | 松戸あれこれ

松戸市長選挙   

松戸市長選挙に向けてGWの最中も、一緒に活動していただいた方々から、問い合わせの電話が鳴りっぱなし。「出馬断念」の事態が衝撃でしたか、私がコメントすることは一切せずに「大変お世話いただいていながら、ましてこの間、衆議院議員会館まで足を運んだり、6-7区で協議をかさねてきた内容は、微妙なニュアンスがあり、明快にお答えすることができずにすみません。新聞報道にあることは事実ですので、少しお時間をください。」と申し上げてきました。
 
15日の朝日新聞朝刊紙上で・・・、「本郷谷市議が松戸市長選へ」の見出しと続く、そで見出しに、「近く表明 前田氏断念」の30行ほどの記事。
6月13日投開票の松戸市長選挙に向けて、民主党に推薦を申請するなど活発な活動を続けてきた千葉西総合病院前院長・前田きよたか氏(57)が、立候補を断念したことが14日わかった。
 これを受けて、同党松戸市協議会は、市議の本郷谷健次氏(61)の推薦を県連へ申請することを決めた。これに対して、第7区総支部は「本郷谷候補に選挙協力はできない」と推薦に難色を示しているのが、現状です。

 前田清貴氏は、次のようなファックスを送っています。

 報道機関各位
 「要旨」
 この度の松戸市長選挙に立候補すべく準備してまいりましたが、本年一月の立候補決意以来今日に至る迄、政治活動期間が短期間で有った為、有権者に対して「前田きよたか」の名前が十分浸透せず、民主党千葉6・7区協議会で取り交わした、世論調査を持って民主党の統一推薦候補を決定するとの取り決めに従い、5月8・9日実施された市長選挙に係る世論調査のポイントが推薦を争っていた他の立候補予定者より低かった結果、立候補を断念いたしました。
 尚、詳細につきましては電話でご回答申し上げますので、左記までご一報ください。  以上
      平成二十二年5月15日 
                                 前田清貴
                                      携帯電話 000・0000・・・・・

第7区総支部の一員としては、憂慮する事態の展開となっています。
昨日には早速、他候補から選挙協力を求めるラブコール電話がはいりました。

ここ数日は、もう一つ別件の同期会の「憂慮事態」が発生し、ただ今ホッとに進行中なもんだから、仏滅 三隣亡 忌日

・・・・、今日は朝早くから松戸混声合唱団のバスハイキングがあり、好天に恵まれて満足に参加者一同喜びあい、おまけに新松戸で楽しい有意義な反省会までして帰宅したところでした。今朝からのモブログにその様子はあるとおりなのですが。週末諸行事の記事投稿は、明日にでもまとめてすることにします。
ベリー タイヤード。
[PR]

by iso129 | 2010-05-16 23:37 | 松戸あれこれ

-   

帰る途中に、常盤平駅へ向かう通りで見かけた光景です。
けやきの大木が、季節はずれの暑い陽差しを遮ってくれています。
のんびりと歩くご夫婦を、優しく包んでくれているようでした。

自然も、人間も、 年を経し 衣の盾は ほころびにけり・・・、なんちゃって。
d0009828_11483554.jpg
[PR]

by iso129 | 2010-05-15 11:48 | 松戸あれこれ

常盤平・モニュメント   

「和」 これは、入居30周年記念碑


d0009828_11425938.jpg

この日披露された、入居50周年記念碑
d0009828_11425990.jpg

d0009828_11425958.jpg

[PR]

by iso129 | 2010-05-15 11:42 | 松戸あれこれ

常盤平入居50周年記念   

昭和35年4月に入居が始まった常盤平団地。競争率20倍の抽選を突破して晴れて入居すろことができた当時の人口は、65,000人。庶民にとって高嶺の花の”団地族”の出現でした。東洋一のマンモス団地といわれ、”文化生活のハシリ”と羨ましがられた生活の様相は、いまや、その当時の様子が博物館に納まっているようです。

晴天に恵まれたこの日、常盤平支所前で「団地50年」を記念して、モニュメント「幸せを呼ぶ健康長寿」の除幕式が開催されました。

d0009828_1116948.jpg


この地区は、駅前の「時計塔」、「さくら通り・道百選」、「けやき通り認定証の碑」、「子和清水」、「親子の和」=30周年など、それぞれに歴史が刻まれた碑・モニュメントが多いところです。

d0009828_1116914.jpg

黒い御影石のモニュメント「幸せを呼ぶ健康長寿」が、お祝いの風船と拍手の中、除幕・披露されました。制作費は125万円とか。
d0009828_1116928.jpg

d0009828_1116936.jpg

人と人の絆 地域の福祉 まちづくり 市民全体の共有財産 シンボル 地域と市が力を合わせて・・・
団地自治会中沢会長の言葉と、川井市長のお祝いの言葉には、歴史を振り返りながらも、さらに未来への誓いの意志を語っていました。

いまや「孤独死」という言葉が良く知られるようになりましたが、“常盤平団地・孤独死対策イコール団地自治会・中沢会長”といわれるように、地域の課題に積極的に取組んだ来られました。常盤平方面へ行ったときなど時折、支所にある孤独死対策本部?にご挨拶に伺うと、たくさんの資料のなかから最新ニュースをとりだしていつも熱く語る中沢さん、です。先日の桜まつりの時も、声を張り上げて苗木を販売するなど、まさに現場主義を貫いている姿には、正直頭が下がります。
今年1月、常盤平団地自治会が「地域づくり総務大臣表彰」を受賞されました(この時の取材は、ブログの1月中旬頃に掲載しました)。また3月8日に「NPO法人孤独死ゼロ研究会」を設立しています。

伺うところによると、65歳以上の方は36.9%と高齢化率は高く、お一人暮らしの方は950人。5,359世帯のうち140世帯となっている。団地入り口のポストに郵便物が溢れたり、家の中までがゴミの山となってゆくなど、”独居の兆候”を見逃さずに、一軒一軒ドアをノックして回っているとのこと。挨拶を欠かさずに、少しづつ、こころを開いてゆくご近所同士のおつきあいを、積み重ねる活動を、地域の役員さんらが粘り強く続けられていらっしゃいます。

近くの団地商店街の空き家対策で開設された「いきいきサロン」では、100円でお代わり自由の飲み物とおしゃべり・会話が楽しめます。先日語り合った北海道と大船渡出身のおじいさんは、お元気でらっしゃいますかね?どうぞいつまでもお元気で!
[PR]

by iso129 | 2010-05-15 11:16 | 松戸あれこれ

取材現場でバッタリ再会   

常盤平団地入居五〇周年記念式典の取材現場で・・・
「やーお互いに元気そうだな」
d0009828_10555448.jpg
何十年振りの再会だろうか。毎号の新聞は送られてきて拝読しているのですが、いまや生粋の”団地ジャーナリスト”で活躍しているH記者とお逢いしました。
除幕式で挨拶する中沢会長を撮影する、そのH記者を後ろからパチリ。
[PR]

by iso129 | 2010-05-15 10:55 | 松戸あれこれ

祝の垂れ幕   

山崎宇宙飛行士の快挙をたたえる、市役所正面玄関。
d0009828_1281024.jpg
この日10時から「後期基本計画 素案」についての全員協議会が開催された。
[PR]

by iso129 | 2010-04-23 12:08 | 松戸あれこれ

新松戸未来館1周年記念祝賀会   

d0009828_1125993.jpg
大手ディベロッパーから寄贈を受けた500平方メートルの土地に2階建て「新松戸未来館」が竣工開館して早いもので一年。その祝賀会が、金曜日の昼行われた。
地元町会の役員や商店会の関係者らが集まった席で、挨拶に立った川井市長、そして新松戸町会連合会渡邊会長。
・・・「松戸市が土地の寄贈を受けて、その構想建設までに3年間を要した。建設費用等についてはマブチモーター社の篤志を受けさせていただいた。会館以来、発明倶楽部の本拠地をはじめ、”親子DE広場”がいつも賑わいを見せて若い方々の子育てを支援している。また地域防犯活動や町会連合会の活動拠点として立派に活用されている」と語る。
毎年7月に本番を迎える新松戸まつりの打ち合わせ会議が、ことしも回を重ねる頃となった。

この建物が新松戸駅に近いことから、多目的ルームなど一般にも貸出して欲しいという市民サークルの声もあるのですが・・・。
[PR]

by iso129 | 2010-04-16 11:02 | 松戸あれこれ

若がえれ、野田!   

縁は奇な者・・・か。
昨日初めて逢った、のだっ子28歳が市政に挑戦する。
えんどう達也・昭和56年12月12日生まれ。
d0009828_1046431.jpg

7区総支部長・内山あきら衆議院議員はじめ県議選民主党公認・道あゆみさんも応援に駆けつけ激励しました。
d0009828_10464318.jpg

10時半からの事務所開きに行き、「運動に参加することで市民もいきいきと若返ります。皆さん一緒にがんばりましょう」と挨拶しました。
往復した野田線の車窓からみる桜がどこも満開でした。特に、「運河駅」近くの運河辺りの堤防は見事な桜並木。途中下車して、散策しながら弁当を広げたい気分にさせられました。
d0009828_10464320.jpg

[PR]

by iso129 | 2010-04-11 10:46 | 松戸あれこれ