<   2008年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

大沼国定公園:釜石の母と電話して、   

大沼国定公園 ペンション「風」 心からのおもてなし 小鳥のさえずり 湖畔の散策 街中に信号がない大沼  歩行者優先で走行中の車が停車する 「千の風に乗って」の記念碑があるんだって 「新井満」の別荘の近くに 詩を訳詩するのに3年費やしたが、大沼公園の自然の中で 何と、5分で作曲できた  自然の力は素晴らしい これまでは、通過してしていた大沼国定公園 今年7月に初めて泊まった 函館からも10分と近い 絶対に行くべきよ!滞在してみるべき!と、86歳になる母が熱く語る 釜石とこんな電話をしたものだから、備忘録メールです。
[PR]

by iso129 | 2008-08-31 23:51 | づ・れ・づ・れ・草

白熊塩ラーメン   

d0009828_2164449.jpg
次回来たときに、食べてみよう。この夜の一押しは、「鹿肉ジンギスカン鍋」・・・テーブルを囲んだ仲間らが、喋るのを止めて黙々と・・・あっという間でした。
[PR]

by iso129 | 2008-08-30 21:06 | づ・れ・づ・れ・草

一球入魂   

d0009828_816840.jpg

[PR]

by iso129 | 2008-08-30 08:16 | づ・れ・づ・れ・草

9月定例会   

本日は、召集告示日。一般質問通告が開始され、あさって29日金曜日正午が通告期限。いつも質問初日トップを狙う同輩が、今回はくじ不運でトップならず。私は、通告15番。質問3日目の8日、月曜日の午前あたりとなりそうです。退庁時に伺ったら本日の通告者は19人とのことでした。来週9月3日から26日まで、24日間の9月議会です。
質問の1は、残したい自然、千葉大園芸学部移転反対について。新住民には分からない歴史的な経緯や松戸とかかわりの深い大切な財産としての意味合いなど、・・初日から担当課とのレクチャで、今まで知らないでいたことがずいぶんあることが伺い知れました。何か事が起こると、当該地域とそうでないところで、問題意識の”温度差”が発生する。=昨年来の、新松戸4丁目葬儀場建設問題がそう。近くでは、新松戸北小・中学校の学校跡地問題など=そしてそこには、厳しい財政の中から膨大な金額の市民の負担が生じる。いっそのこと、どれだけ市民にとって大事なことで、市民が一応に負担しなければならないことなのか、できるだけ多くの市民にわかってもらえるようにする、情報の公開・共有・そして共感。議員の仕事が、そこにあると思う。これは、議会で質問をしなければ、なにもわからない、見えてきません。市民に見える議員活動を心がけめざしています。
[PR]

by iso129 | 2008-08-28 00:13 | 政治あれこれ

3・3・7号全員協議会、後日談   

 自然保護か道路建設か・・・ 都市計画に沿って用地の買収に応じた地主=市民がいる一方で、自然保護を掲げ反対する地権者=市民がいる。イツまでも平行線ではいられない。行政側には苦渋の決断が迫られている。
 地元町会や区画整理組合からも、この区間の「早期開通を望む要望書」が提出されている。また先の6月市議会では「早期開通に関する決議」がされている。
 50年代にはいって、他市から新松戸地区に移り住んで”松戸の新住民”となった私ら。江戸川をはさんで東京の隣接していながら、新松戸は“陸の孤島の悲哀”をずうっと感じさせられてきた。そろそろ子育ても終わって、おじいちゃん世代になってしまった今となっては・・・もう、なにも言わなくもないが。だいたい問題解決に時間がかかり過ぎだ。行政が問題を先送りにしてきた犠牲になったんだ。それに対して声を上げない新住民にも責任がある。上げ続ける市民の声をしっかりと行政に届けることが議員の役割だし、結果を方向付けることも大事な仕事だ。おまえ議員なんだから、しっかり頑張ってや。さまざまに、ストレートできつい言葉を連発するオッちゃんら=市民と一緒に、会話が弾んだ。しゃーない、チョッピリ苦い酒だ、が、良薬だ。「分からないことは、まず市民に聞け」は、正解だ。行政に聞いて分かること、それでも分からないこと、あるが、市民の声で目覚めることは、よくある。何事も市民の目線は、大事だ。
 時間がたっぷりとあるハッピーリタイアメント組の元気なおっちゃんらの居場所つくりも考えなきゃ。
 
[PR]

by iso129 | 2008-08-27 20:41 | 松戸あれこれ

戸定邸   

d0009828_14553680.jpg

と、千葉大学園芸学部へ。やぶ蚊に指されながら歩いた。フランス庭園、イタリア庭園、「緑の回廊」を巡る。
[PR]

by iso129 | 2008-08-27 14:55 | 松戸あれこれ

松戸市議会全員協議会   

都市計画道路3・3・7号横須賀紙敷線(幸谷・二ツ木間)の現状について
25日月曜日午後2時から開催された。資料が配られ質疑応答。
 
 1992年に県の事業認可を得て、二ツ木地区の155メートルは94年に用地買収が完了し道路の舗装整備も進んでいる。市内全体では約7割の整備が終えている。幸谷地区の約193メートル(約3000平方メートル)の用地買収をめぐり、市は地権者と長年にわたり協議を進めてきた。解決に至らず、土地収用法に基づく手続きはいり、今月7日の立ち入り調査となった。12月には県収用委員会に裁決申請をしたいとしている。
 今度の31日の日曜日には、地権者側は昨年秋に出した案とは別の、提案道路案を記者発表する予定がある。自然との共生が図れる道路が通るように、前向きの話し合いが復活するかどうか、注目されます。
 
[PR]

by iso129 | 2008-08-25 23:53 | 政治あれこれ

まつりの太鼓   

d0009828_14493618.jpg

雨、雨、・・・我々のポップコーンとカキ氷の出店は、空を仰いでため息の連続でした。恒例の大江戸太鼓が、雷鳴のように聴こえたのは、私だけじゃなかったようで・・・。夏まつりにはノーサンキューの陽気はずれでした。「生活環境を考える会」は、ごみの収集にあたりましたが、分別されないごみの山、たちまちあふれるごみの山に閉口しながらも、必至の作業。おみこし巡幸となった夜までも雨は、止み上がることなく、全身雨で濡れ鼠状態でした。みなさん、ご苦労様、お疲れ様でした。
[PR]

by iso129 | 2008-08-24 22:49 | 松戸あれこれ

今後の日本政治の目指すべき   

d0009828_12422825.jpg
方向性と地方議会の役割について
 馬橋の夏祭りの合間の時間に、千葉へ直行。講演の後は、トンボ帰りで馬橋です。
[PR]

by iso129 | 2008-08-23 12:42 | づ・れ・づ・れ・草

第12回馬橋清流灯篭まつり   

d0009828_1052875.jpg

初日オープニングパレードが始まりました。まつり二日間の空模様がきになります。衆議院議員内山あきら事務所は、「生活環境を考える会」として協賛出展。祭り会場の環境美化活動を担当します。
[PR]

by iso129 | 2008-08-23 10:05 | 松戸あれこれ