人気ブログランキング |

郵政民営化はじまる   

 今月1日からは、日本郵政公社が、持ち株会社の日本郵政とその傘下の郵便事業会社、郵便局会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の体制に移行されました。
世界最大の銀行と生命保険会社の誕生となりました。
世界一のゆうちょ銀行の資産運用が国としてできなくなります。郵便局の合理化による業務も限界にきています。採算が取れない地方の切捨てや、民営化によるサービスの低下が懸念されます。
 ドイツなどでは、郵便の民営化で過疎地の郵便料金が上がりました。日本でも、料金の値上げは時間の問題かも・・・。
 二年前の小泉・郵政民営化による衆議院議員選挙が思い起こされますが、採算と効率化を最優先する民営化に対して、これからも監視の目が必要ですね。

 ところで、「50円記念切手」が、民営化前の9月下旬頃からやたらと多く出回っています。
ある頃から、はがきレターには、「記念切手」を使っています。地方へ出かけたときなど、郵便局があると飛び込んで買っていました。そして以前などは、旅先でのんびり時間があるときなどは、「千円郵便貯金」をして、窓口での一言会話を楽しみしながら、それを旅の想い出にしていたこともありました。そういえば・・・ここ数年は、出来ていません、ね。

 が、在庫不足というか、松戸あたりでも、無いときはどこへ行っても無い状況がありました。「今度はいつ入るか分かりません」と、つれない返事が続いていたのですが・・・。

 近頃は、どこの小さい町の局にも記念切手が、50円・80円とあります。
どういう風の吹き回しなのでしょうか?誰か、教えて・・・。

by iso129 | 2007-10-11 18:16 | づ・れ・づ・れ・草

<< Fw: □■まぶちすみおの「不... 3連休明けのスタート・・・定例... >>