人気ブログランキング |

浄闇の世界の中で【戴帽式】   

d0009828_15151271.jpg
国保松戸市立病院付属看護専門学校の平成20年度戴帽式が、14日午後2時から同校で行なわれました。第22期生となる戴帽生は42名。今年4月に入学し、10月からは臨床実習にはいりました。入学以来一人の脱落もなく42名全員が晴れて戴帽式に臨みました。浄闇の世界、真っ暗闇のなか、戴帽の儀、キャンドルサービス、ナイチンゲール誓詞と粛々と進められ、若い彼ら彼女らの生まれ変わる表情がろうそくの灯りに映し出され、緊張した雰囲気が臨席しているこちらにも、伝わってきました。「これからも、向上心をもって同期の仲間の絆を大事にして、立派なナースになります」と誓いの言葉では、感動で声がふるえていました。看護学校の3年間を頑張って、卒業後は松戸市立病院で貢献して下さることを、切に祈ります。

by iso129 | 2008-11-14 15:15 | 松戸あれこれ

<< ゴミ・ご近所の問題解決 あとは自治体にやれといわれても... >>